水素水とアルカリイオン水は違い

水素水とは、水素ガスを特別な方法で水に溶かし込んだ水。

水素水が体に良いって聞くけど何が良いのかよく分からないですよね。

一般的な、アルカリイオン水とか電解還元水と水素水は何が違うのか?

そもそも水素水とは、
水素ガスを特別な方法で水に溶かし込んだ水。

アルカリイオン水や活性水素水(電解還元水)と呼ばれる水は、電気分解したときに発生した水素がマイナス極側に濃縮された水のこと。

しかし、アルカリイオン水や活性水素水は、水素の量が少なく水素水とはまったく違う水なのです。

水素水の効果で中性脂肪が減る

水素が作用すると活性酸素が分解され減っていき、細胞内の環境が良くる

水素水を飲むとなぜ中性脂肪が減るのかと言うと、

通常食事で摂った栄養素は、

脂質、ブドウ糖、アミノ酸、酸素の栄養素に分解されて血液によって全身の細胞に運ばれます。

この栄養素を、細胞の最重要器官であるミトコンドリアがエネルギーに変えるのですが、エネルギーを生み出した後の酸素が、老化の原因である活性酸素となって増えていきます。

この活性酸素が増えすぎると、ミトコンドリアの働きが悪くなりエネルギーが生み出されずにエネルギー源である脂質やブドウ糖が余ってしまう。

結果的に、脂質やブドウ糖が細胞内に余ってしまい肥満の原因である中性脂肪が増えてしまう。

これが肥満やメタボのメカニズムです。

そこで、活性酸素が増えすぎた細胞に、水素水の水素が作用すると活性酸素が分解され減っていき、細胞内の環境が良くなりミトコンドリアを増やすことができます。

つまり、ミトコンドリアが増えて元気に活動すれば、栄養素もエネルギーに変えられ中性脂肪が減り元気が続く活力あふれた体になると言うことです。

おいしい水素水で簡単ダイエット

天然水使用を使用したまろやかなロあたりで飲みやすい水素水がおすすめ

水素水が体に良いことは分かったところで、どの水素水を選べば良いのかというと、

水素は地球上で一番小さい分子のため、体の隅々まで行き渡るのは良いのですが、缶やペットボトルなどの容器では逃げやすくなります。

そのため水素水の容器は、気密性が高く水素を逃がしにくい構造のアルミバウチを採用した水素水がおすすめ。

飲むならおいしい水が良いので、天然水使用を使用したまろやかなロあたりで飲みやすい水素水がおすすめ。

Top へ